墨田区木造密集地域で行われた各種助成制度を活用したリフォーム

自宅1階にあった工場の操業を取り止めたことを契機に、バリアフリー化工事と合わせて建物の耐震改修工事を行ったリフォームを紹介します。

従前の1階部分は、プレス機械を土間コンクリートの上に直接置いていたため、作業場と台所兼食事室とを出入りするには50cm程の段差がありました。これまでの仕事中心の空間から生活中心の空間として、作業場部分を嵩上げし段差をなくした上で、広々としたLDK(居間兼台所食事室)と洋室などにリフォームされました。

リフォームを行うに際しては、墨田区の各種助成制度のほか工事期間中の仮住居として区のコミュニティ住宅を賃借するなど、墨田区ならではの各種の支援制度が活用されています。

今回の各工事に適用された助成制度としては、耐震診断・耐震改修工事及び床の段差解消・階段の手摺設置工事には「耐震・バリアフリー改修促進支援助成制度」及び「介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修費支給制度」により助成金が支給されているほか、外壁の遮熱塗装工事には「地球温暖化防止設備導入助成制度」により、助成金が支給されました。

 

161213%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e4%be%8b%ef%bc%91

問合せ:京島事務所 電話:03-3617-2262

関連情報

← 戻る